1/7
logo_影.png

(金)

41

アップリンク吉祥寺ほか

全国ロードショー

監督・脚本・編集

戸田真琴

中尾有伽 竹内ももこ 

西野凪沙 白戸達也 國武綾

五味未知子 イトウハルヒ

劇中歌:大森靖子 音楽:AMIKO / GOMESS 共同プロデュース・スチール:飯田エリカ
撮影:平見優子/谷村咲貴/林大智 照明:原澤遥哉 録音:柳田耕佑/鈴木一貴 オンライン編集:橋本悠平 
助監督:小林大輝 伊藤希紗 配給協力:羽佐田瑶子 長井龍
2022年/日本/カラー/60分 配給:para 
©︎Toda Makoto

 
 
eien-m01.JPG
eien-ariatomaria01.JPG
eien-bluethrough01.JPG
eien-m02.JPG
eien-m03.jpg
eien-bluefhrough02.JPG
Introduction&Story

君は物語を生きている。
燃やしてしまった日記帳が光になって
今も頭上にあることを、ただ1人、
君だけが、知らない。
これは見える人にしか見えない
透明のサイコロ。
生まれながらに負け確定の
地獄のすごろくを生きる君の手に、
そっと握らせる最後の一手。
「映画」とはなんだろう。
その問いに、たった一輪の花を手向ける。
──映画とは、過ぎ去った星々の断末魔。
君の目をどんなふうに通過するのか、
それをこっそり教えてください。

戸田真琴

たった一人に語りかけるように、切実で美しい言葉を手向けるAV女優・文筆家の戸田真琴。2019年、「戸田真琴実験映画集プロジェクト」と称して、自らの人生における大きな喪失のようなものをベースに、言葉と映像で語り直すことを試みた。「自分の生きてきた世界のこと、ずっと興味がなくて見たことがなかった。(でも、)自分の生きてきた史実を愛している」。生まれたのは自伝的な3本の短編。植物園で互いの宿命を解析し合う少女たちの物語「アリアとマリア」、キャンピングカーで旅に出る男女の刹那の交流を描いた「Blue Through」、監督自身の送った手紙をもとに大森靖子氏が書き下ろした楽曲を使用した喪失と祈りを描く賛美歌「M」。戸田は全作品の脚本を執筆・初監督をつとめる。1年間の自主配給による上映が話題を呼び、「永遠が通り過ぎていく」が待望の映画館での上映決定。詩的で私的な短編集は、認められない自分も照らす“賛歌”となって、きっとあなたの世界に降り注ぐ──。

eien-m01.JPG
eien-ariatomaria01.JPG
eien-bluethrough01.JPG
eien-m02.JPG
eien-m03.JPG
eien-bluethrough02.JPG
Contribution illustration
Special illust by あおのこ
Special illust by あおのこ

press to zoom
Special illust by 大島智子
Special illust by 大島智子

press to zoom
Special illust by 毬谷静
Special illust by 毬谷静

press to zoom
Special illust by あおのこ
Special illust by あおのこ

press to zoom
1/5
Contribution comments
 
諭吉佳作/men
諭吉佳作/men

press to zoom
01_明澄
01_明澄

press to zoom
13_竹中万季
13_竹中万季

press to zoom
諭吉佳作/men
諭吉佳作/men

press to zoom
1/14
 
Cast
nakaoyuuka

Yuuka Nakao

中尾有伽

女優・モデル。1996年9月13日生まれ、東京都出身。
高校時代、 軽音楽部に所属していた際、 キャスティングの目に留まり CM に出演。その後フリーで活動し、講談社主催 「ミス ID2016」 受賞をきっかけに 本格的に女優活動開始。
2019年に劇場公開された『暁闇』(阿部はりか監督)で主演を務め、全州国際映画祭にてワールドプレミア上映される。
その他近年の主な出演作に、映画『街の上で』(今泉力哉監督)、ドラマ「そして、ユリコは一人になった」、「百合だのかんだの」、ミュージックビデオでは清水翔太「416」、Wurts「分かってないよ」、DISH//「沈丁花」など、多数。

takeuchimomoko.jpg

Momoko Takeuchi

竹内ももこ

1995年6月6日生まれ。京都府出身。
主な出演に、映画『嘘喰い』(監督:中田秀夫)、『まともじゃないのは君も一緒』(前田弘二)、『さくら』(矢崎仁司)、『21世紀の女の子−離ればなれの花々へ』(監督:山戸結希)など。雑誌『Hanako』でモデルを務めるほか、ミュージックビデオへの出演に、とけた電球「覚えてないや」、足立佳奈「ウタコク」などがある。自身のパン好きを活かし、東京のパン屋を巡る『パンとキミ ももぱん記録』が発売中。

1999年4月10日生まれ 三重県出身。2017年、映画『36.8°Cサンジュウロクドハチブ』 (安田真奈監督)でデビュー。
主な出演作は、NHK 大河ドラマ『いだてん』映画『人数の町』(荒木伸二監督) Netflix『全裸監督シーズン2』(武正晴監督)
2021年・2022年 舞台「muro式.がくげいかい 」(ムロツヨシ演出)出演。

Nagisa Nishino

西野凪沙
nishinonagisa

1992年生まれ、埼玉県出身の俳優。2014年、アメリカ・サンタモニカカレッジ演劇学部を卒業し、2015年には2年の演技学校を経てLAより、東京へ拠点を移す。主な出演作は、映画『少女椿』(付き人役)、舞台『Burai Standing All Alone』(Tashiro役)、広告『ACジャパン』など多数出演。

Tatsuya Shirato

白戸達也
shiratotatsuya

1986年生まれ、広島県出身。2021年、奄美大島に移住。映画「恋の渦」(大根仁監督)、「サッドティー」(今泉力哉監督)、ドラマではTBS「コウノドリ」、テレビ東京「生きるとか死ぬとか父親とか」、などに出演。
初監督作のドキュメンタリー映画「夫とちょっと離れて島暮らし」が全国公開中。

Aya Kunitake

國武綾
kunitakeaya
gomimichiko

Michiko Gomi

五味未知子

ミスiD2018。女優・アイドル活動などジャンルにとらわれず「誰かの生きる理由になる」ことを目標に幅広く活動中。また「来世最いのる」名義でアイドルグループ『きっと誰かの秘密兵器』としても活動している。

itoharuhi

Haruhi Ito

イトウハルヒ

2019年女優とモデルの活動を開始し、同年に行われた「ミスiD」にて3500名以上の応募者が集まる中から「文芸賞」を受賞。アンニュイで儚げな表情ながらも、女性らしい柔らかな雰囲気が印象的。現在は女優、モデル業だけでなく、エッセイの連載を持つなど活躍の場を広げている。

Director
todamakoto

Makoto Toda

戸田真琴

セクシー女優・文筆家。ブログに綴った「シン・ゴジラ」などの映画評が話題を呼び、各媒体でコラム連載等を執筆するようになる。写真集に、敬愛するジム・ジャームッシュの作品「ミステリー・トレイン」をオマージュした「The Light always says.」(幻光社)、著書に『あなたの孤独は美しい』(竹書房)、『人を心から愛したことがないのだと気づいてしまっても』(KADOKAWA)がある。    2021年には少女写真家の飯田エリカと共にグラビアを再解釈するプロジェクト「I’m a Lover, not a Fighter.」をスタート。写真作品のディレクションや衣装スタイリングを務める。ほかにも、Podcastや小説の執筆など活動は多岐にわたる。

 
Gallery

「君は黄金のオルゴール。
 神様が、この世界に最後に
 託した、希望なんだよ。」

contact

送信ありがとうございました